クレジットカードの知識

クレジットカードのクレジットとは信用のことを指しています。クレジットカードで買い物をすればカード発行元の信販会社などがお金を立て替えてくれますから、それによってカード利用者は商品を手にできます。つまり、あなたの信用でお金を立て替えてもらい、それを後日払うという形になるのです。これがクレジットカードの原理と言えるでしょう。

クレジットカードのメリットは、お財布の中に現金が入っていない場合でも買い物ができるということです。クレジットカード決済に対応しているお店ならカードを使って商品やサービスを購入することができますし、買い物もスマートにサッと済ませられます。ネット通販などでもカード情報を入力するだけで簡単に決済できるメリットがあります。

デメリットとしては、キャッシングのように現金を借りることができないということでしょうか。あくまで信販会社にお金を立て替えてもらう形になりますから、現金を借りるということはできません。ただ、近年のクレジットカードの多くにはキャッシング機能が備わっていますから、キャッシングができるクレジットカードで現金を借りることもできます。クレジットカードを作るときにはキャッシング機能があるかどうかチェックしてください。

キャッシングの知識

キャッシングという言葉を耳にしたことがある方も多いでしょうが、キャッシングとは金融機関からお金を借りることを指します。一般的には無担保で金融機関からお金を借りることをキャッシングと呼ぶことが多く、少額のお金を短期間借りるケースをこのように呼んでいます。ただ、明確な定義があるわけではなく、最近では個人消費者向けローンやカードローンとほとんど同じような意味合いで使われています。

キャッシングのメリットは何と言っても現金を借りることができるということです。クレジットカードだとショッピング枠で買い物をするくらいしかできませんが、キャッシングだとATMやCDからお金を借りることができますから、急に現金が必要になったというときに役立ちます。急場をしのぐことができるのは大きなメリットと言えるでしょう。

デメリットですが、当たり前のことですが借りたお金ですから絶対に返す必要があります。キャッシングは簡単にお金を借りることができますから人によっては癖になってしまいますし、次から次へと借金を繰り返して多重債務に陥ってしまうことも珍しくありません。キャッシングを利用するときには計画性をしっかり持って利用する必要があるのです。

 

関連資料・・・キャッシング・消費者金融は新生銀行グループの【ノーローン】公式サイト

キャッシングとカード

給料日前でどうしてもお金が足りない、というようなシーンに役立つキャッシングですが、多くの方はキャッシングとクレジットカードを混同して考えているのではないでしょうか。クレジットカードを使って決済することをキャッシングだと勘違いしているような方も実際にいますし、あまりよく分かっていないという方は少なくありません。しかし、実際にはクレジットカードとキャッシングにはさまざまな違いがあります。

キャッシングとクレジットカードを同じように考えていると場合によっては損をしてしまったり、トラブルになってしまうことも考えられます。そのため、これからクレジットカードを作ろうとしている方や、金融機関でキャッシングしようと考えている方はまずこれらの違いについてしっかり理解するべきでしょう。まったく知識がない状態でキャッシングやクレジットカードを利用するのと知識がある状態とでは随分変わってきます。

キャッシングとクレジットカードにはそれぞれ違いがありますし、メリットもあればデメリットもあります。そこをきちんと理解して初めて有効に活用できるようになりますから、まったく知識がないという方はまず知識を身につけなくてはなりません。このサイトではキャッシングとクレジットカードそれぞれの違いはもちろん、メリットやデメリットについても記述しますから、近々クレジットカードやキャッシングを利用する予定があるという方はぜひ参考にしてください。