クレジットカードの知識

クレジットカードのクレジットとは信用のことを指しています。

クレジットカードで買い物をすればカード発行元の信販会社などがお金を立て替えてくれますから、それによってカード利用者は商品を手にできます。

つまり、あなたの信用でお金を立て替えてもらい、それを後日払うという形になるのです。これがクレジットカードの原理と言えるでしょう。クレジットカードのメリットは、お財布の中に現金が入っていない場合でも買い物ができるということです。

クレジットカード決済に対応しているお店ならカードを使って商品やサービスを購入することができますし、買い物もスマートにサッと済ませられます。

ネット通販などでもカード情報を入力するだけで簡単に決済できるメリットがあります。デメリットとしては、キャッシングのように現金を借りることができないということでしょうか。あくまで信販会社にお金を立て替えてもらう形になりますから、現金を借りるということはできません。

ただ、近年のクレジットカードの多くにはキャッシング機能が備わっていますから、キャッシングができるクレジットカードで現金を借りることもできます。クレジットカードを作るときにはキャッシング機能があるかどうかチェックしてください。

関連記事:キャッシングの知識